マイ機材その37 DARKNESS ARION PHASER SPH-1 SP MOD

マイ機材その37 DARKNESS ARION PHASER SPH-1 SP MOD

今回は現在宅録で使用しているの新しいフェイザーを紹介します!

sph1_sp_mod_1

このエフェクターはいわゆるモディファイ製品なのですが、元はARIONのSPH-1です。

ARIONは安いのに使える音がするエフェクターメーカーとして有名ですよね。プロの方でも使っている方が結構いるみたいです。

特にこのSPH-1は凛として時雨のTKさんが使っているということで有名ですね。(オリジナルではなくモディファイされたものですけど)

それで今回紹介するSPH-1はDARKNESSさんによってモディファイされたものになります。

(公式サイト:http://darkness.ocnk.net)

DARKNESSさんについては前に書いたVerreの紹介記事を読んでみてください!

 

それではSPH-1 SP MODに関してですが、仕様を簡単に記載しておきます。

  • 青色LED搭載
  • 寸法:75(mm) × 130(mm) × 53(mm)
  • オーディオグレードパーツを使用

 

コントロール系はこんな感じです。

sph1_sp_mod_2

黒いツマミは左から

  • RATE:フェイズ効果のスピードを調整
  • DEPTH:エフェクトの深さを調整
  • RESONANCE:フィードバック量を調整

になります。これらはモディファイ前と同じコントロール系になります。そして白いツマミが追加コントロールで、左から

  • bandwidth:フェイズ効果を強調する帯域を調整(右に回していくとLow、左に回していくとHighが強調される)
  • boost:右に回していくとブーストされていく

 

boostツマミはbandwidthの調整過程で音量が下がってしまった場合の補正として主に使うそうです。

 

そして肝心の音です!

とりあえず持ってるストラト(過去記事参照)で弾いてみました。

fender_mex_stratocaster

弾いてみた第一印象としては、すごく音抜けが良かったです。音がもっさりしておらずクリアな感じでしたね。 エグくかけても爽やかです(笑)

バンドではまだ試していないですが、バンドアンサンブルの中で埋もれにくい音だと思います。また追加コントロールのおかげでエフェクト効果を強調する帯域を調整できるのが嬉しいですね。より細かく音を作り込むことができます。

コントロールは基本的には元のSPH-1準拠なのでセッティング次第でエグくもかかりますし、軽くかけてコーラスみたいに使ったりもできるのでモディファイ前から使い勝手が悪くなったとかはないと思います。

 

ちなみに個人的に気に入ったのはこのセッティングです!

sph1_sp_mod_3

結構エグくかかるので飛び道具的な感じで使っています。bandwidthを若干高音域寄りに設定しているので感覚的にはシュワシュワ感?が増します(笑)

 

こんな感じで紹介しましたが、今後も宅録でガンガン使っていこうと思います!

おそらく凛として時雨をコピーする時に大活躍しそうです(笑) 結構TKさんに近い音が出せますよ!

ちなみに本モディファイは自分が元々持っているSPH-1をDARKNESSさんに送ってモディファイしてもらうこともできますし、持っていない人は元を買って用意しなくても新品個体を向こうで用意してもらうことも可能なので、気になった方は是非検討してみてください!

[ad#ad-1]