マイ機材その80 JIM DUNLOP / CBM95 Crybaby Mini Wah

マイ機材その80 JIM DUNLOP / CBM95 Crybaby Mini Wah

普段ワウはVOXとarea51のものを使っているんですけどデカイしVOXは結構重いんですよね^ ^;

なのでサブボードにはコンパクトなワウを組み込むことにしたんです。

最近はコンパクトなワウが結構いろんなメーカーから出てるんですけど、やっぱりワウといえばJIM DUNLOP(ジムダンロップ)のCrybabyが有名だったので、そこから出ているCrybaby Miniにしてみました。

 

仕様に関してはざっとこんな感じです。

  • 内部スイッチでLow、Vintage、GCB95の3種類のボイジングが切り替えが可能
  • 電源9V: 乾電池006Pまたは9VACアダプター
  • 寸法:W80 × D132 × H63 mm
  • 重量:約440g

とにかく筐体の小ささと軽さに驚きましたね。見た目はCrybabyをそのままサイズダウンした感じです。

 

筐体の左側に9VDCジャックが付いています。

 

BOSSのコンパクトエフェクターと比べるとその小ささがよく分かると思います!このサイズ感だとエフェクターボードにも組み込みやすいと思います^ ^

 

音に関してですが、普通のサイズのものとほぼ変わらないと思います。クライベイビーらしいハイがよく出るワウサウンドでした!

さらに内部のスイッチで3つのモードを切り替えることができるので意外と細かい設定もできそうです^ ^ 個人的には歪みサウンドと相性がいいように感じました。

家のミニアンプで弾いた時の音源を貼っておきます。

 

使い心地に関してですがそこまで違和感はありませんでした。もちろん普通のサイズのワウの方が踏みやすいのは当たり前ですが、別段使いにくいということはないと思います。

ただサイズは小さいんですけどペダルの可変幅が普通のサイズと同じくらいあるので少しだけ慣れは必要かもしれないです。あとはいくらコンパクトとはいえど前後に多少スペースを空けないと足でペダルを操作できないので注意が必要です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

JIM DUNLOP CBM95 CRY BABY mini ワウペダル エフェクター
価格:13515円(税込、送料無料) (2017/2/5時点)

 

とにかく軽くて小さいのでワウであまりエフェクターボードをワウで占めたくない人や楽にワウを持ち運びしたい人にオススメです!^ ^