マイ機材その85 VOCU / Baby Volume Pedal

マイ機材その85 VOCU /  Baby Volume Pedal

前の投稿からまただいぶ空いてしまいましたね^ ^;

古いエフェクターシリーズは今回はお休みです(笑)今回はものすごくコンパクトなボリュームペダルの紹介です。

VOCUのBaby Volume Pedalは世界最小のペダルボリュームを目指したアクティブボリュームペダルらしいです。

ミュート 〜1%〜100%〜 最大約+12dBブーストまでのボリュームを、光センサーによる小さなボリュームペダルで無段階にコントロールすることが可能です。普段使うボードをなるべく小さくしようと思い導入しました。

 

BOSSのコンパクトエフェクターと比べるとこの小ささです(笑)

ボリュームペダルというと大きいものが多く、エフェクターボードに組み込むのを敬遠しがちですが、この小ささならかなり組み込みやすいですよね^ ^

 

仕様に関してはざっとこんな感じです。

  • サイズ:縦95mm × 横45mm × 高52mm
  •  重量: 185g
  •  消費電流:30mA未満
  •  電源:DC9V Center – ; 30mA以上
  •  ブーストレベル: Min最小/Max最大時:約+6dB、Min最大/Max最大時:約+12dB

 

この小ささでミニマムボリュームもしっかりと設定できます。しかもマックスボリュームも設定することができ、100%を超えて設定することができるので音量をブーストすることもか可能です。

 

筐体の下側にランプがあり、青がミュート状態、ピンクが通常状態、赤がブースト状態ということが一目瞭然です!

 

またかかと側にスイッチがあり強く押し込むと音が完全にミュートされます。出荷時は押し込んでいる間だけミュートされるようになっていますが、底面にあるスイッチを切り替えることによって、かかと側のスイッチを押し込むたびにミュートとミュート解除状態とを切り替えることができます。

 

ちなみにDCケーブルを繋ぐ箇所が2つあるので、他のエフェクターに電源供給も可能です。

 

最後に使い心地に関してですが、かなり可変がスムーズで驚きました!紐を使うようなボリュームペダルよりも滑らかだと思います。

なのでこの小ささでも細かい音量調整ができましたね。また内蔵されているバッファのおかげかボリュームを絞った状態でもハイ落ちがほとんどなかったです。

ただこのバッファの影響か全体的に若干高音域が強調されるような気がします。音が劣化しているような印象ではないのでそれを良しとするか否かは人それぞれって感じです!

 

自分のボードに早速組み込んでみました!こうやって見るとVOCU Baby Volume Pedalの小ささが際立ちますね^ ^

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

VOCU Baby Volume Pedal アクティブボリュームペダル
価格:19006円(税込、送料無料) (2017/8/5時点)

 

大きさや重さのせいでボードに組み込むのを躊躇している人にぜひ試してもらいたいボリュームペダルでした^ ^