マイ機材その87 MOOER Micro Preamp 002 UK Gold 900

マイ機材その87 MOOER Micro Preamp 002 UK Gold 900

今回は超コンパクトなミニアンプシミュレーターの紹介です!^ ^

 

MOOER良いえば超コンパクトなサイズのエフェクター作っているメーカーとして有名ですね。

コスパも良く種類も豊富ですし、エフェクターボードのちょっとした隙間に入れたりできて便利です。自分はアコースティックシュミレーターを前に買いましたね。しょっちゅう使うものでもないのでこのサイズと価格はありがたいです^ ^

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Mooer Acoustikar
価格:7449円(税込、送料別) (2017/9/5時点)

 

 

そんなMOOERがこのサイズで様々な有名アンプのシミュレーターを出すとのことでずっと気になっていたのですが、たまたま楽天のポイントも貯まっていたということもあり(笑) 今回このMicro Preamp 002 UK Gold 900を試してみることにしました。

ちなみにこのUK Gold 900はこの見た目と名前からも分かる通りMarshall JCM900のシミュレーターになります。

せっかく買うなら普段使えないようなアンプも良かったのですが、使い慣れているJCM900の音がいつでも出せたら良いなぁということでこれにしてみました^ ^ ;

 

サイズは今までのMOOERの出しているエフェクターと同じサイズなのですが、こうやって比べてみるとやはり小さいですね!標準的なサイズのBOSSが大きく見えます。

 

仕様に関してはざっとこんな感じです。

  • インプット:1/4インチモノラルオーディオジャック(インピーダンス:1MΩ)
  • アウトプット:1/4インチモノラルオーディオジャック(インピーダンス:100Ω)
  • 電源:レギュレートされたセンターマイナスDC9Vアダプター
  • 消費電流:300mA
  • サイズ:93.5mm(D)×42mm(W)×52mm(H)
  • 重量:160g

 

消費電流が結構大きいので注意が必要ですね^ ^; 電池は仕様不可です。

 

コントロール系に関してです。

左上から時計回りに

  • VOLUME
  • TREBLE
  • MIDDLE
  • BASS
  • CH/CAB
  • GAIN

になります。コントロールもJCM900とほぼ同じですね。

CH/CABだけ少し特殊でこれを押す度にクリーンチャンネルと歪みチャンネルを切り替えることができます。しかも操作を行うコントロールノブは共通していますが、2つのチャンネル間でノブの操作が影響することはないです。

CH/CABボタンやフットスイッチでチャンネルを切替えると、現在のノブの位置にかかわらず、前回の設定がそのままロードされます。なので一度作った音はチャンネルを切替えてノブを動かしても影響しません。各チャンネル毎につまみを設定できるのはかなり便利ですね^ ^

また、2秒間の長押しでキャビネットシミュレータのON/OFFを切替えることができます。もしアンプのリターンに挿すのであればこれをオフにしておけば大丈夫です。

 

あとチャンネル切り替えはCH/CABだけでなくフットスイッチでも行うことができます。

フットスイッチを2秒間長押しすることで描きモードを切り替えることができます。

  • バイパス ↔︎ 歪みもしくはクリーンチャンネル
  • クリーンチャンネル ↔︎ 歪みチャンネル

なのでエフェクター使う場合は一つ目の切り替え方法、プリアンプとして使う場合は二つ目の切り替え方法が良いと思います。

 

最後に音に関してですが、本物に割と似ていると思いました。マーシャルのキャビで鳴らしてみたのですが普段JCM900を弾いている時に近い気がします。あと感じたこととしては本物よりもハイが抑えめでした。なのでJCM900のハイがきつい感じが苦手に感じている人にはちょうど良いかもしれないです。

一応音源も貼っておきます。JCM2000のリターンに挿して弾いています。ギターはGibson ES-335TDです。

クリーンチャンネルから歪みチャンネルに途中から切り替えています。

iPhoneで録ったのでイマイチですが、弾いてみた感じはマーシャルらしさがきちんと捉えられているなぁという印象です!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

MOOER Micro Preamp 002 UK Gold 900 プリアンプ 【ムーア】
価格:9828円(税込、送料別) (2017/9/5時点)

 

本物とどちらが良いかといえば個人的にはやはり本物のJCM900ですが、それに近い音を手軽にどこでも出せるのはありがたいですね!

しかも価格も一万円を切るのでこの値段でこの音はすごいと思います。

他にもたくさん種類があるので本物は高くて買えないけどそれに近い音をいつでも出したい!っていう人はぜひ試奏してみてください^ ^