マイ機材その90 ROD技研 Volume Pedal Rising VPR-02

マイ機材その90 ROD技研 Volume Pedal Rising VPR-02

今回はメインボードに組み込んでいるボリュームペダルを紹介します。Volume Pedal Rising VPR-02というボリュームペダルです。

かなりコンパクトなボリュームペダルです。ROD技研さんというところが製作しているのですが、最近は全く音沙汰がなくたまたま東京エフェクターさんに中古で入荷しているのを見つけたので購入してみました。

 

BOSSのコンパクトエフェクターと比べるとほとんど同じくらいの大きさですね。

 

左側面には通常のアウトプット以外にチューナーアウトも付いています。

 

中にツマミが見えると思いますが、これでペダルをかかと側に踏み切った際のミニマムボリュームを設定することが出来ます。

またこのボリュームペダルにはバッファが内蔵されているため電源が必要です。

 

そしてこのペダルの一番の特長がこのペダル部分に直結したリンクロッド+ギアボックスでポットをゼロからフルテンまで回し切るロッドギアボックスドライブ機構(RGD機構)です。

正直良く分かりません(笑)がこの機構のおかげでペダルを踏み切った時にきっちりフルテンまで出し切ることが出来るみたいです。

ボリュームペダルでフルテンまで出し切れるものは中々ないのでこれはすごいと思います。

 

使ってみた感想ですが、踏み心地がかなり独特です(笑) カクカクとまではいきませんがギアが回ってるんだなって分かるような感覚です。

滑らかな動きではありませんが、この機構のおかげか自分の意図した位置で止めやすいです。ミニマムボリューム機能もついているので間違えて音が消えるということもありませんし、小さいサイズでも十分使えますね。

またバッファのおかげかボリュームを絞った際の音もハイ落ちし難く、音質劣化も防げています。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

VOCU Baby Volume Pedal アクティブボリュームペダル
価格:19000円(税込、送料無料) (2018/2/8時点)

 

ミニマムボリュームがついていてコンパクトなボリュームペダルは以前紹介したVOCUのものなどそこまで選択肢がないので、ぜひ今後もROD技研さんにはこのVolume Pedal Risingの生産を続けて欲しいですね。

そしてペダルの踏み心地のさらなる改善もよろしくお願いします!(笑)