マイ機材その20 MARSHALL(マーシャル) / GV-2 THE GUVNOR PLUS

マイ機材その20 MARSHALL(マーシャル) / GV-2 THE GUVNOR PLUS

このエフェクターを組み込むのとマーシャルのアンプを1台追加するのは同じという謳い文句のエフェクターを紹介します!

GUVNOR4 GUVNOR3

このGV-2 THE GUVNOR PLUSは大学時代にオークションで中古を購入しました。

今思えば学生のときはオークションでばかりエフェクターを購入してましたね。。。本当はあまりよくないでしょうが、とにかくお金がなかったんだと思います(^ ^;)

このTHE GUVNOR PLUSは誰もが知っているMarshall(マーシャル)が出している、オーバードライブペダルです。あのマーシャルが出しているのだから良い音がするだろうみたいなフィルターがかかりそうですよね。あまりそういう偏見はよくありませんが。。。

ちなみに自分は購入当時は恐らくそう思っていたと思います(笑)説得力ないですよね。

GUVNOR1 GUVNOR2

箱の中には、本体の他に保証書と取扱説明書が入っていました。

仕様に関してはこんな感じです。

  • 堅牢なダイキャスト製ボディ
  • 駆動:9V(電池、アダプター)
  • インプットインピーダンス:1 M0hms
  • 出力負荷インピーダンス:1 k0hms
  • 大きさ:120 x 65 x 55(mm)
  • 重さ:510g

大きさはBOSSとかのコンパクトエフェクター位の大きさですが、持つと結構重いです。そして滅多なことでは壊れないんじゃないかと思うくらい頑丈そうです。上にも書いた通り、ダイキャスト製なので本体の質感が安っぽくなくて良いですね。

コントロール系はこのような感じになります。

GUVNOR5

左からGAIN、BASS、DEEP、TREBLE、MID、VOLUMEとなります。DEEPというのはBASSよりもさらに低音部分をコントロールすることができます。

ちなみにBASS、DEEPとTREBLE、MIDはそれぞれ2段構成のツマミになっています。DEEP、MIDは下側のツマミを回すことで調整できるようになっているわけです。

GUVNOR6

なのでぱっと見、ツマミは4つしかないように見えますが、6つのコントロール系を持っています。ただ2段構成のツマミは、結構もろく、丁寧に扱わないと外れてしまうことがあります。。。

そして音に関してですが、まさにマーシャルって感じの音がします!(笑)マーシャルが作っているのだから当たり前だろうと突っ込まれそうですが、予想以上に良い音がしたので、当時は結構驚きました。

謳い文句にあるマーシャルのアンプを1台追加するのと同じ。。。というのはちょっと言い過ぎかもしれませんが、再現度はだいぶ高いです。音の傾向的にはどちらかというとJCM2000みたいなモダンな印象を受けましたね。

低音もよく出ますし、音が図太いです。ブリッジミュートやパワーコードを弾くと気持ちいいです。歪みの幅は結構広く、クランチからディストーションに近いところまでいけますね。

ただ若干音がこもりやすいです。なのでMIDやBASSはそこまで上げない方が良いと思います。

イコライザーが結構良く効くので、ツマミを細かく回してベストポジションを見つけるのが良いと思います。あとはDEEPツマミの調整が難しいのですが、うまく使うことによってかなりの音圧を作り出すこともできます。

自分はマーシャルの音が好きなのでジャズコのときはこれをメインに、マーシャルアンプが使えるときはブースターとして当時は使っていました。

このエフェクターは正直買って正解だったと思います。学生時代はずっとエフェクターボードに組み込んでいましたね。しかもそれが新品でも8,000円前後で手に入れることができるので、マーシャル好きな人には是非オススメです。

コスパは最高なので気になった方は試奏してみてください!