マイ機材その23 Mad Professor Sweet Honey Overdrive (Hand Wired)

マイ機材その23 Mad Professor Sweet Honey Overdrive (Hand Wired)

今回はメインのボードに組み込んでいるオーバードライブを紹介します!

SHOD

ずっと使っていたCARL MARTIN HOT DRIVE’N BOOST MKⅡ(過去記事参照)に代わるオーバードライブペダルを探していたときに見つけて購入しました。

 

mad professor

このペダルを作っているMad Professor(マッドプロフェッサー)はフィンランドで生産されているハンドメイドのエフェクター、アンプブランドでBjorn Juhl(ビヨン・ユール)というエフェクター・ビルダーによって設計されています。

アンプはあまり知名度はありませんが、エフェクターは日本でも有名ですので知っている方も多いと思います。

 

それでこのSweet Honey Overdriveなのですが、今は「Hand Wired」とハンドワイヤードではない「New」の2種類が存在します。

外観での違いとしては筐体の材質が挙げられます。Newは一般的なブティック系エフェクターと同じようにアルミダイキャスト製でできていますが、Hand Wiredは”亜鉛ダイキャスト製”でできています。

アルミダイキャストに比べ亜鉛ダイキャストの方が重く、強度も上のようです。

またフットスイッチやインプット、アウトプット、DCインプットジャックなど使用パーツにも細かな違いがあるようです。

 

また内部はだいぶ異なり、このようになっています。

SHOD_in
(写真はベリーへイプインクさんより引用)

左がNewで右がハンドワイヤードになります。Newの方は生産性向上のため基盤を使用しているようです。

ですので当然ハンドワイヤードのものの方が価格が高いのですが、Newの倍近くします。。。

歪み方の傾向はそっくりだそうですが音抜けやレスポンスの早さといった細かい点で差は生まれるみたいですね。ただNewの方は実際に試していないので何とも言えないのですが。。。(^ ^;)

 

それではコントロール系に関してです。

SHOD1

VOLUME(音量)、DRIVE(歪み量)はよくありますが”FOCUS”ノブが個性的だと思います。

FOCUSは普通のペダルで言うトーンに近い役割を果たします。このFOCUSを調整することでペダルの全体的なEQのダイナミクス(雰囲気っていうんですかね)を設定することができます。

FOCUSノブを中央から反時計回りに回すと柔らかなトーンになるのでジャズやブルースに合いそうです。

逆にFOCUSノブを中央から時計回りに回すとトレブルがブーストされるのと同時に歪み量が若干上がります。ソフトなディストーションみたいな音色になりますね。

 

そして音(フライングで上にも若干書いちゃいましたが。。。)に関してですが、まず歪み量はギターやアンプにもよりますけど、ハムバッカーならオーバードライブ、シングルなら強めのクランチくらいで考えてもらえればいいと思います。

あとは音が太いです。自分はブースターとして使うことが多いのですが、単音弾きに艶が出て弾いていて気持ちの良い音がします。

そしてやはり特筆すべきはレスポンスの良さですね。ピッキングの強弱や、ギター側のボリューム操作に対して、よく反応してくれます。DRIVEをフルにしてもピッキングの強弱やギター側のボリューム操作で歪み量を抑えることもできます。

とにかくこのペダルは非常に扱いやすいです。まるで真空管アンプを弾いているかのような感覚に近いので、普段アンプで音作りをしている人がこのペダルをメインにしても違和感が少ないと思います。そのくらいピッキング時の音が自然です。

ただ単体での使用だとブリッジミュートは少し迫力が足りない印象はありますね。自分はアンプの歪みにプラスする感じで使うのであまり感じないのですが、メインで使う方は他の歪みペダルやブースターをかますことで解消すると思います。

 

ちなみに音の感想は9Vで駆動させた時のものです。このエフェクターは18Vまで対応できるので18Vで駆動させた方が音のハリとかがさらによく出てくれるみたいです。(そういえば買った時におまけでアダプターが付いてきたような。。。)

 

もしエフェクターを1つしか持っていけないとなったら、迷わずこのエフェクターを持っていきますね。そのくらい使い勝手の良いエフェクターだと思っています。

よほどのこだわりがなければNewでも十分満足できる音だそうですが、やはり実際に弾いて自分の好みに合うものを選んだ方が良いと思います。

扱いやすいオーバードライブペダルを探している方は是非試してみてください!

 

ちなみに自分が尊敬しているギタリスト”生形真一”さんも使用しているみたいです。

ubukata2

セッティングはこんな感じみたいです。

ubukatas-board_SHOD

ボリューム上げめでドライブが控えめなので、ブースターとして使っていそうですね。FOCUSノブが11時くらいなので、ややソフトな音色になっていると思います。

生形さんの音が好きな方は参考にしてみてはいかがでしょうか!

(2015/02/13 追記)
生形さん、今はFree The ToneのRed Jasperに変わってますね^ ^;