マイ機材その24 Z.Vex / FUZZ FACTORY Vexter Series

マイ機材その24 Z.Vex / FUZZ FACTORY Vexter Series

主にソロに使っているファズを紹介します!

fuzzfactory1

FUZZ FACTORYはZ.Vex社の代表的なエフェクターで、ファズが好きな人で知らない人はいないんじゃないでしょうか。個性的なファズとして非常に有名です。

今まで自分の記事を読んで下さっている方は覚えているかもしれませんが、以前書いた記事でFUZZ ProbeFUZZ FACTORY 7という今回紹介するFUZZ FACTORYをより進化させたエフェクターを先に紹介してしまっているんです(^_^;)

本当はFUZZ FACTORYの記事を先に書くべきだったんですけどね。。。なのでものすごく今更感があるのですが良ければおつき合い下さい(笑)

 

コントロール系はこんな感じです。

fuzzfactory2

本体が結構小さいにも関わらず、コントロールノブが5つもあります。フットスイッチとコントロールノブが割と近いので、フットスイッチを踏んだときに足がノブにあたってしまい、セッティング変わってしまうことがありましたね。

なので踏むのに自信が無い方はスイッチャーやラインセレクターに組み込むことをオススメします!

一番左のツマミからvol(音量)、gate(音のブチブチ具合)、comp(音の潰れ具合)、drive(歪み量)、stab(発振)となっています。stabは右に振り切ると発振が止まります。

やはりキモはstabですね。これを上手く操ることによって発振系変態ファズとしても普通の王道ファズとしても使えるわけです。

自分は発振音ありでサスティーン長めのセッティングでよく使います。単音を弾いて音が伸びて、伸びた音から発信音が鳴りだす時の音がたまらないです(笑)

ちなみにこのエフェクターは他に繋ぐペダルの組み合わせによってはstabをいじっても発振しなくなる場合があります。ベストはこのエフェクター単体のみでの使用ですが、そうもいかない方はFUZZ FACTORYに干渉しないエフェクターを探してみてください!

 

とにかくFUZZ FACTORYシリーズは感覚的なところが多いので、説明書を読んだり、人に聞くよりも実際のサウンドを聴くのが一番なのでサンプルサウンド動画を貼っておきます。

やっぱり良い音ですね〜。この動画を見て再確認しました(笑)

自分は今のところソロはこのZ.Vex / FUZZ FACTORY Vexter Seriesで、バッキングには以前紹介したHUMAN GEAR / ANIMATO FORTEで落ち着いています。恐らく余程のことがない限りこのままだと思いますね。そのくらいお気に入りです^ ^

 

自分が持っているFUZZ FACTORYはVexter Seriesと言って、いわゆる”廉価版”になります。値段的には自分が買ったときは25,000円程度しましたが、今はサウンドハウスさんとかだと2万円を切っているところもあり、以前よりも安く手に入れられるみたいです。

ちなみに本家はこんな感じです。カラーがだいぶ違いますね。

ZVEX (z.vex) Fuzz Factory FUZZ 【RCP】

ZVEX (z.vex) Fuzz Factory FUZZ 【RCP】
価格:55,830円(税込、送料別)

廉価版はデザインがプリント印刷なのですが、こちらはハンドペイントになります。なので1つとして同じものは存在しないことになります。また本家はエフェクトをON/OFF時に点灯するLEDは無く、電池駆動のみとなりますのでご注意を!

 

FUZZ FACTORYはまず実際に触れてみることが一番だと思うので、気になっている方は楽器屋さんに足を運んでみてください!

 

セッティングミスってすごい音させると、店内の視線を集めかねないので気をつけてください(笑)