やまボード(ギター用その①)

やまボード(ギター用その①)

今回は番外編ということで自分が使用しているボードの繋ぎ順やら、使っているパッチ、電源類などを紹介します。

ということでこちらが現在メインで使用しているエフェクターボードになります。知っている人が見れば誰のエフェクターボードを意識しているか分かると思います(^ ^;)

自分が好きなギタリストのNothing’s Carved In Stoneの生形さんのボードを意識して構築しています!

yama_effector_board5

yama_effector_board2

my_effector_board

繋ぎ順はこんな感じです!(各エフェクターについては記事を書いているのでリンク先を参照してみて下さい)

ギター

IN and OUT

EP Booster

PEC-04(ch1:Whammy4、ch2:FUZZ FACTORY、ch3:Sweet Honey Overdrive、ch4:LIGHT Overdrive)

M9

FV-500H

V847-A

ANIMATO FORTE

IN and OUT

アンプ

スイッチャーは基本ノーマルモードで使用しています。どうしても2つ以上を同時にON、OFFしなければならない場合のみプログラマブルモードを使用します。

マルチエフェクターであるM9はディレイ、フェイザー、ファズを設定して使っています。またEP Boosterはツマミ0で常にONにしています。これで音がいい感じに持ち上がりますね、音抜けが良くなります!

 

そしてここからは使っているケーブルなどの紹介です。

まずパッチケーブルですがProvidenceのP203を使用しています。昔はBELDENを使用していましたがP203の方がケーブルに柔軟性があるのでこちらに変えました。またP203はパッチケーブル専用に開発されたケーブルだそうでノイズもなく、音に味付けをするタイプでもないのでオススメです!

 

そして電源はこちらのNoah’sark AC/DC-1を使用しています。池辺楽器さんのオリジナルブランドですね。

 

このパワーサプライの魅力はAC100Vが4つも付いているという点ですね。ACが付いているパワーサプライはなかなかないのでワーミー、スイッチャー、IN and OUT、M9を使用している身としては非常にこのパワーサプライは便利ですね。

またDCは9Vが8つ、12Vが3つ付いており、9V以上の電圧にも対応するエフェクターのスペックもなるべく活かせるようになっています。自分が持っているEP BoosterとSweet Honey Overdriveは15Vまで対応しているのでこの2台は12Vに繋いでいますね。

ちなみにこのパワーサプライに使っているケーブル類はオリジナルのものは使用しておらず、サプライとエフェクターを繋いでいるDCケーブルはFree The ToneのCP-416DCを使用しています。このケーブルはおまけでついてくるケーブルと比べると太くて取り回しも良いですね。外来ノイズに強く、送電ロスも極限まで防げるそうでエフェクターにしっかりと電源供給できるそうです!

 

そして電源コードはオヤイデ電気のL/i 50 OFC R2.5に変えました。

 

このケーブルはオーディオ用電源ケーブルの定番モデルらしくエントリーモデルなのですが、安定した伝送性能と音質を持っており、ケーブルが柔軟で取り回しもしやすいです。おまけのものとは雲泥の差ですね。持った感じも非常に丈夫で断線しなさそうです。電源周りは非常に重要なのでなるべく良いものに変えた方が良いです。

また自分のようにAC/DC-1をエフェクターボードの上部に設置すると電源ケーブルがエフェクターボードのふちに干渉してしまう場合があるのでそういう場合も変えることをオススメします。

 

こんな感じで今回は自分のボードについて書いてみましたが需要ありましたでしょうか(^ ^;)

まあ誰かしらの参考になれば良いなと思います 。もし何か質問等あればツイッターもしくはこのブログの質問欄に書いて頂ければと思います。

 

【おまけ】

yama_effector_board4

これは昔の自分のボードで簡易ナッシングスボードです(笑)

繋ぎ順は

ギター

FV-500H

MLS-2(FUZZ FACTORY→V847-A→Whammy4)

GE-7

EP Booster

アンプ

実はこのボードの方が使い勝手が良かったりするんですよね(笑)特にファズとワウを同時にOFFにできるところが一番重宝します。ワウと他のエフェクターを同時にON、OFFはさすがに無理なので。。。

 

まあ本当は足下は少ないにこしたことはないです(笑)皆さんも自分の使い勝手を考えて、使いやすいエフェクターボードを作ってみて下さい!

 

(2014/12/16 追記)
よくどこのメーカーのエフェクターボードを使っているのかを聞かれるので書いておきます。

メインのボードはPULSEのEC08を使っています。

PULSE(パルス) EC08 エフェクターボード

PULSE(パルス) EC08 エフェクターボード
価格:25,920円(税込、送料込)

 

ただ自分のは特注品?らしく、EC08の寸法は普通は800×400×100mmなのですが、自分のやつは800×500×100mmで縦の長さが長いです。たしかサウンドハウスさんとかだと取り扱っていた気がします。

ちなみに何もエフェクターを入れなくても重さは7kgもあります。。。 なので手で持って外を移動するのはほぼ不可能です。腕がもげます^ ^; 正直キャスターでの移動もキツイので買う方は覚悟してください (笑)