独創的なカスタマイズを手がけている工房? 特撮ギター研究所

独創的なカスタマイズを手がけている工房? 特撮ギター研究所

ツイッター上で気になるギターを見つけたので調べてみました!

lone_1

この方はLONEというバンドのギタリストなのですが、この方が持っているギターすごくないですか?

もとはエピフォンのリビエラというセミアコースティックギターだと思うのですが、ものすごいカスタマイズが施されていますね^ ^;

 

拡大した写真がこちら↓

lone_3

ボディが半分くらい切り取られ、なんだか内部がメカメカしい感じですね。ちなみにこのギターはまだ完成品ではなく、進化を続けているそうです。

 

それでこのものすごいカスタマイズをしているのが特撮ギター研究所というところだそうです。名前からしてすごいですよね。(公式サイト:http://www.miwakazuki.jp

特撮ギター研究所は、ギターの制作やカスタマイズ、リペアだけでなく映像美術、舞台美術、広告美術、ファッションショーのアイテム、ディスプレイ等、シーンを問わず相談、依頼を受け付けているそうです。

 

LONEの方のカスタマイズはその方のオーダーで特別なカスタマイズらしいのですが、レギュラーでは下のようなカスタマイズを受け付けているようです。

open_hatch1

こちらはOpen Hatchカスタマイズというそうです。ギターに歯車が埋め込まれていますね。

こちらのカスタマイズはフルカスタマイズの場合は70,000円〜(+500円の依頼料)でワンポイントの場合は1カ所で40,000円(+500円の依頼料)だそうです。

 

neovintage_1

そしてこちらはNeo Vintageという加工です。入り組んだ金属製のパイプがボディ内部から覗いていたりと普通のビンテージ加工ではないですね。不思議な感じです。

こちらのカスタマイズは100,000円〜(+500円の依頼料)だそうです。

 

ちなみに本人との綿密な打ち合わせの上、加工作業をするらしいので依頼する場合は楽器を大阪市にある工房に直接持ち込むか、こちらの指定した場所で打ち合わせ(ただし交通費が加工費に加算されます)か、スカイプで画面越しに打ち合わせをする必要があります。

 

お値段は結構はりますが、ライブとかで使ってたら人目を惹きそうですよね!ワンポイントのOpen Hatchならちょっとやってみたいです。

もちろんLONEの方のようにオリジナルの加工をお願いすることも出来るそうなので、気になった方は一度メールで問い合わせてみると良いと思います。

 

ちなみに前にLONEの方と同じような加工は可能なのか問い合わせてみました。

lone_2

結果としては可能だそうですが、やはり”実際にお会いしてお話をお聞かせいただくか、Skypeなどで希望のカスタムの打ち合わせができれば幸いです”とのことでした。

実際に完成したものが自分が思っていたのと違う出来だと困りますからね^ ^;

金額については30,000円~とのことで上がいくらになるかはカスタマイズの内容によりけりみたいです。

 

自分のギターやベースをカスタマイズしたいと考えている方は一度問い合わせてみてはいかがでしょうか!