マイ機材その36 DARKNESS Verre

マイ機材その36 DARKNESS  Verre

今回は宅録やライブに新しく導入予定のオーバードライブペダルを紹介します!

Verre_1

このエフェクターを作っているDARKNESSさんを知ったのはツイッターでした!

確かフォロワーの方が持っているのを見て、まずこの見た目で興味を持ったんですよね^ ^ この筐体の塗装すごくないですか?グラデーションがすごく綺麗です。

DARKNESSさんは宮崎県でエフェクター製作をしているみたいです。

オリジナルエフェクターはもちろんのこと既製品のModも手掛けていますので、気になった方は是非公式サイトをチェックしてみてください!!

(公式サイト:http://darkness.ocnk.net)

 

それではVerreに関してですが、仕様を簡単に記載しておきます。

  • トゥルーバイパス
  • 青色LED搭載
  • アダプター駆動(18Vまで対応しているそうですが推奨は9V)。基本的には電池駆動不可(専用の電池ソケットを使用すれば使用可)
  • 寸法:61(mm) × 112(mm) × 31(mm)

 

コントロール系はこんな感じです。

Verre_2

左からVolume(音量調整)、Tone(高音域の調整)、Gain(歪みの調整)で、歪み系ペダルの中でもシンプルな構成ですね。特に変わったものはありません。

ただしこの3つのツマミは互いに干渉しあって相対的に変化していくそうです。なので3つのツマミのバランスによって音が変化していきます。この点は少し慣れが必要かもしれないですね。

 

そして肝心の音です!

とりあえず持ってるストラト(過去記事参照)で弾いてみました。

fender_mex_stratocaster

コードは音の分離感がすごく良い感じでした!

ゲインを上げてもコード感は失われませんし、音はガラス質というか煌びやかな感じですね。

この音を聞いたらなぜかART-SCHOOLのスカーレットのイントロのコードリフを弾きたくなったのでずっと弾いてました(笑)

自分の持っている歪みエフェクターは結構ミッドレンジが強めで温かみのあるものが割と多いのですが、このVerreはその対極に位置してるんじゃないかと感じました。

ストラトで弾いたからかもしれませんが、よりストラトのガラス質感が強調されたというかすごく音の輪郭がハッキリするんです。なのでアルペジオを弾いても1音、1音綺麗に響きますね。

ハムバッカーを載せたギターで弾いたらまた印象が変わるかもしれないですね。今度試してみます!

 

このペダルはかなりローゲインなので、ゲインをマックスにしてもクランチ程度にしかなりません。なのでやる音楽にもよると思いますがこれでメインの歪みを作るなら、他の歪みペダルもボードにあるといいかもしれません。

逆にすでにメインの歪みをアンプや他のペダルで作っている人はブースターとして使うといいかもしれません。音抜けが良くなって前に出てくると思います。

 

ちなみに個人的に気に入ったのはこのセッティングです!

Verre_3

これをストラトのセンターで弾いた時の音がすごく好きでした!コードをいつまでも弾きたくなるセッティングなんです(笑) 多分ライブや宅録はこれに近いセッティングで使うと思います。

 

とまあこんな感じで今回はVerreというペダルを紹介してみたのですがどうでしたでしょうか。

個人的にはすごく気に入ったのでこれからガシガシ使っていこうと思います!!宅録では特に凛として時雨の楽曲を弾くときとかに活躍してくれそうです。

 

ハンドメイドで在庫数は少なめのようなので少しでも気になった方は公式ホームページの方をチェックしてみてください!

価格もそこまで高くない(大体1万円台くらい)ですし、ちょっと人とは違ったエフェクターを探している人や凛として時雨が好きな人(笑)にオススメです^ ^