マイ機材その42 DARKNESS Dest-Low 改

マイ機材その42 DARKNESS Dest-Low 改

久しぶりにハイゲインペダルを導入しました。DARKNESS Dest-Low 改です!

dest_low1 dest_low2

エフェクターの表面にアクリル板が貼ってあるので、反射してiPhoneが写っちゃってますね(笑)

 

今回紹介するDest-Low 改はDARKNESSさんに製作してもらいました。もちろん製品として取り扱っているんですけど塗装とかはこちらの要望に応えていただきました。(DARKNESSさん、ありがとうございますm(_ _)m)

(公式サイト:http://darkness.ocnk.net)

DARKNESSさんについては前に書いたVerreの紹介記事を読んでみてください!

 

それではDest-Low 改に関してですが、仕様というか特徴を簡単に記載しておきます。

  • 寸法:94(W)×34(H)×120(D)mm
  • レンジの広い歪みを追求
  • 低域から中域の鳴り方にスポットを当てGAINを上げても原音を損なわない音
  • 12V駆動で9V駆動時よりもさらにローを出すことが可能

 

暗いところで光らせるとこんな感じです。紫色に光っているのがDest-Low 改です。アクリル板のおかげでエフェクター全体が光っているみたいでかっこいいです!

od_3_dest_low

 

次にコントロール系はこんな感じです。

dest_low3

上段は左から

  • LEVEL:音量調整
  • TONE:音色調整
  • GAIN:歪み量調整

で下段は左から

  • MIX:バイパス音とエフェクト音を調整
  • RANG:高音域と低音域を調整

になります。上段のツマミは歪み系ペダルによくあるパターンですね。基本的な音は上段で作って下段は最後の仕上げって感じで使うのがいいと思います。

あとツマミは互いに干渉しあって相対的に変化していくそうです。これは以前紹介したVerreと同じですね。

 

そして肝心の音です!ストラト(過去記事参照)とTKシグ(過去記事参照)で弾いてみました。

fender_mex_stratocaster schecter_tk_1

弾いてみた第一印象としては、とりあえず音がぶっといです!そしてサスティーンがけっこうかせげるので個人的には単音向きって感じでした。

音色的には名前にLowという単語が入っている通り、ロー、ミッドローがよく前に出てきます。ここらへんの音の出方はRANGツマミを調整することで自分好みにできますね。

あとは今回シングルコイルのギターで弾いたんですけどGAINを上げて弾くとシングルコイル感はほぼなくなりますね。まるでハムのギターを弾いてるみたいな感覚でした。 音圧もすごいです^ ^; もちろんGAINを下げたり、MIXツマミがあるのでバイパス音とのバランスを調整すればちゃんとシングルコイル感も残せます。

歪み量はディストーションレベルまでいけます。ただ歪みの質感はGAINを上げてもオーバードライブです。

 

上の方にも書きましたが個人的にはやはり単音ソロを弾くのに特に向いてると思いました。あとはGAINをフルにして轟音が出るようなセッティングで曲の一部で飛び道具的な感じに使ったりしても面白いと思います。

Dest-Low 改単体でも良いですが、この前紹介したDARKNESS BOSS OD-3 MOD(過去記事参照)のような高音域が目立つような歪みと組み合わせると音抜けが増して素晴らしいことになります。

od3_mod_1

久々に鳥肌が立ちましたね(笑) これにショートディレイとかかけて音に奥行きを持たせると最強です。 単音弾きが楽しくて仕方がないです。

 

ハンドメイドなので生産数は少ないですが、品切れの場合とかは問い合わせてもらえればおそらく対応してもらえると思うので、気になった方は公式サイトやツイッターでコンタクトをとってみてください!

たまにはハイゲインペダルもいいですね。前はBOSS DS-1みたいなディストーションペダルも持っていたんですけどみんな売ってしまいました。^ ^;

歳をとる度(まだそんなに歳とってないはずですけど。。。)にハイゲインペダルからは遠ざかっていたのですが、ちょっと考えが変わりましたね!ライブとか宅録で使っていきます!!