マイ機材その43 DIGITECH (デジテック) XDD DIGIDELAY

マイ機材その43 DIGITECH (デジテック) XDD DIGIDELAY

あるモードが使いたくて新しいデジタルディレイを買いました!

digidelay_1 digidelay_2

このディレイは凛として時雨のTKさんが使っているということで知名度が上がったんじゃないかと思います。このディレイに付いているあるモードの音がこのディレイにしか出せない音とのことで愛用しているみたいですね。

自分もそのモード目当てで買ってしまいました(笑) 普段使っているBOSS DD-20(過去記事参照)にも似たモードが付いているのですがやっぱり違ったので。。。

 

仕様はざっとこんな感じです。

  • コントロール:LEVEL、REPEATS、TIME、MODE
  • 接続端子:INPUT、OUTPUT1(MONO)、OUTPUT2、DC IN
  • 電源:9V乾電池, アダプター
  • 外形寸法:約102×81×56mm
  • 質量:約620g

本体のサイズ感はBOSSのコンパクトエフェクターと同じですね。フットペダルを踏んだ感じも結構似てますけど、どちらかというとべリンガーの踏み心地に近いかなぁって感じです。

 

コントロール系についてはこんな感じです。

digidelay_3

左から順に

  • LEVEL:音量調整
  • REPEATS:フィードバック量調整
  • TIME:ディレイタイム調整
  • MODE:モード選択(6種類のディレイ、ルーパー)

となっています。MODEツマミ以外はディレイペダルとしては基本的な構成ですね。必要最低限って感じです。シンプルなので使い方に困ることはないですね。

 

音に関してですがモードごとに書いていきます!

■DIGITAL DELAY(MODE:1〜3)
MODE:1〜3はいわゆる普通のデジタルディレイです。モードによる違いは設定できるディレイタイムの幅の違いだけですね。1→3にいくにつれて設定できるディレイタイムが長くなります。

音はまさにデジタルディレイという感じです(笑) 変な癖もなくて普通に使えるデジタルディレイだと思います。

 

■TAPE(MODE:4)
DIGIDELAYにはアナログディレイは付いていないのですが、このテープがそれに近いかもしれません。デジタルディレイモードと比べて柔らかい音がします。アルペジオとかにかけると良さそうです。

 

■MOD DELAY(MODE:5)
このモードが使いたいがために自分はこのディレイを買いました(笑)

このMOD DELAYを凛として時雨のTKさんが使っていますね。TKさん曰くいい感じに音が馴染むんだそうです。

コーラスがかかったような音で奥行きや立体感が出ますね。すごく幻想的な音です。こういうモジュレーションモードは他社の製品にもついているものがあるんですけど、やっぱり音が違いますね。これはこのエフェクターにしか出せない音なんだと思います。

 

■REVERSE(MODE:6)
いわゆるリバースディレイです。これは音を言葉で表現するのがなかなか難しいので、どんな音かはYouTubeとかで検索してみてください(笑)

リバースディレイはよくドライ音(エフェクトの掛かっていない音のことです)を消してエフェクト音のみにして使うことが多いと思うんですけど、DIGIDELAYはドライ音をカットできないみたいです。。。なので個人的にはこのモードはあまり使わないかなぁって感じです^ ^;

 

■LOOP(MODE:7)
ルーパーモードです。自分の弾いたフレーズを録音できて繰り返しで再生してくれます。

 

ディレイ音の質は価格以上のクオリティだと思いました。惜しい点はいくつかあるものの、価格のことを考えたら十分ですね。何よりMOD DELAYが素晴らしいのでそれだけでも買う価値が個人的にはありました。

すごくコスパの良いディレイです!^ ^