Free The Tone ソルダーレスケーブルがすごく使いやすかった!

Free The Tone ソルダーレスケーブルがすごく使いやすかった!

今回はエフェクターの記事じゃないんですけど、この間使ってみたパッチケーブルがすごく良かったので記事に書いてみようかと。

free_the_tone_1

今回買ったのはFree The Toneのソルダーレスケーブルキットです!これだけでパッチケーブルが5本作れちゃいます。

実は前にもこういったパッチケーブルを自作できるキットを買ったことがあったんですけど、その時は音が出なかったりネジ締めが固すぎてうまく閉まらなかったりと散々でした^ ^;

それでこういう自作系は敬遠してたんですけど、市販のケーブルだとどうしても丁度良い長さのものが無かったので今回思い切って買ってみました!

 

それで作ってみた感想なんですけど

”ものすごく簡単”

でした(笑)

自分はあまり器用な方ではないんですけど、それでも1本も失敗しませんでしたね。ニッパーとドライバーさえあれば誰でも簡単に作れます。

早い人なら1本数十秒、不器用でも2、3分もあれば1本作れると思います!

L字の場合の簡単な手順はこんな感じです。

  1. 好きな長さにケーブルを切る。
  2. プラグにケーブルを挿す。
  3. ケーブルをL字に曲げてプラグにフタをしてネジで締める。
  4. 2と3の手順をもう片側もやる。

 

ちなみにストレートプラグの場合はもっと簡単で、好きな長さにケーブルを切ってプラグ挿してネジを締めるだけです(笑) めちゃくちゃ簡単でした!

 

それで出来たパッチケーブルはこんな感じで使ってます。(写真見にくくてすみませんm(_ _)m)

free_the_tone_2

free_the_tone_4

こんな感じでクランクだったり、極端に短いパッチケーブルでも自在に作れるので、すごく使い勝手が良いです。

また短くする分にはニッパーとドライバーさえあればいつでも短くできますし、逆に長くしたければケーブルだけ買えばすぐに長くもできます。なのでエフェクターボードの配置が変わってもすぐに対応することができますね。

 

それでこのFree The Toneのソルダーレスキットで作ったパッチでさっそくボードを組みました!

yamaboard_new_1

プラグ部分が小さく、ケーブルも細いので結構キツめに組んでもいけます。

今まではプロビデンスのパッチケーブルで組んでいて、こちらもケーブル自体は柔らかくて扱いやすかったんですけど、取り回しはやはりこちらのFree The Toneのソルダーレスに軍配が上がりますね。

フリーザトーン ケーブルキット SLK-L-10 FREE THE TONE

フリーザトーン ケーブルキット SLK-L-10 FREE THE TONE
価格:11,124円(税込、送料込)

エフェクターボードの配線をキレイにしたい人や、必要な長さのパッチケーブルが市販されてなくて困っている人にオススメです!