シャーラーのロックピンが使えない…!

シャーラーのロックピンが使えない…!

自分は普段ギターをライブで弾く時ストラップが外れないようにストラップロックを使っていて、ジムダンロップのこのプラスチックみたいなやつをずっと使っていました。今もストラトやレスポールにはこれを付けています。

Jim Dunlop #7036 ストラップロック

Jim Dunlop #7036 ストラップロック
価格:324円(税込、送料別)

 

それでこのストラップロックはほぼほぼ不満はないんですけど一つ問題があるんです。それは

ビグスビー付のギターに使えない

んです!この黒い輪っかの部分がビグスビーに干渉してしまうんですよね^ ^;

自分は3本ビグスビー付のGibsonのギターを持っているんですけど、ストラップロックが使えなくて困ってました。

ストラップロックを付けないで今まではライブとかでも使ってたんですけど、もし外れて落としたら…って思うと怖いなと思ったので良いものがないか探してました。

 

それでもうピンごと替えてしまおうということでシャーラーのロックピンを買いました!

 

これでもう大丈夫だろうと思ったんですけど、この付属で付いているピンに付け替えようとしたらこれもビグスビー側の方がはまらなかったんんです…^ ^;

 

それでまた困ってしまったわけですが、ツイッターのフォロワーさんにビグスビーにも使えて、シャーラーと互換性のあるエンドピンを教えてもらいました。

 

それでこのピンを使ってみたところ3本中、1本はこれで解決することができました!

ただ残りの2本のギターは下の画像のようにネジの太さと長さが違ったんです… その為またも完全解決とはなりませんでした。

それでもうネジ穴を新たに開けたり、本体側を加工するしかないかと思っていたのですが、たまたまツイッターで見かけたのが、

Utopia Plan Musical Associationさんのストラップピンでした。

OSP_1

左がOSP-1で普通のエンドピン用、右がOPS-2でビグスビー用になります。

それでこのピンを早速買って試したところバッチリでした!!

ネック側はこんな感じです。

OSP-1

そして肝心のビグスビー側もぴったりはまりました!

OSP-2

Gibsonのギターは年代やモデルによってネジの太さや長さが違うみたいなので、購入する際は自分のギターのネジの寸法を測ってみてください!

このピンのおかげでようやくライブに集中できそうです(笑) Gibsonのギターでシャーラーのロックピンを使いたい人はチェックしてみてください!