マイ機材その64 SviSound OverZoid oz02

マイ機材その64 SviSound OverZoid oz02

前回紹介したGE Boosterと同じSviSoundでオーバードライブも一緒に買ったので紹介します。

overzoid_oz02_1

SviSoundについては前回の記事で(ものすごく)軽く触れたので割愛します(笑) このメーカーのエフェクターはどれも個性的な見た目をしていますね。CDのジャケ買いみたいに見た目だけで買いそうになります^ ^;

 

前回紹介したGE Boosterと同様、エフェクター下部にはこのメーカーのキャラクター?的な絵とメーカー名が彫られています。

overzoid_oz02_3

この謎の生き物はなんなんでしょうね(笑)

 

あまり詳細がホームページに書いていなかったのですがざっと仕様はこんな感じです。

  • フルメタルデザイン
  • ガラス製インジケーター
  • 24Vに内部昇圧
  • トゥルーバイパス
  • 9VDC駆動
  • 寸法:W112xD67xH53mm

 

ちなみにLEDの色は青です。この部分がダイアモンドカットみたいな形状のせいかかなり明るく光ります。視認性は抜群ですね!

overzoid_oz02_5

 

コントロール系はこんな感じです。

overzoid_oz02_4

上のツマミが左からVolume、Tone、Gainで、下のトグルスイッチがhigh – clean – normalセレクトになります。

ツマミに関しては歪み系の中でもシンプルな部類に入ると思います。難しいコントロールはないですよね!

トグルスイッチは簡単に言うと歪みの幅を選択できます。

  • high:濃密でフルチューブアンプライクなあたたかみがあり、豊かなサスティーンを持ったドライブサウンド
  • clean:ダイナミックなワイドレンジブーストサウンド
  • normal:煌びやかな倍音を含んだ抜けの良いドライブサウンド

トグルスイッチのおかげでサウンドメイクの幅がかなり広いと思います。クリーンからサスティーンのある歪みまでカバーできるので便利です。

 

最後に使ってみた感想です!

overzoid_oz02_2

音を出してみて一番感じたのは倍音が豊かってことですね。コードとかアルペジオを弾くとすごく感じます。自分はアンプの歪みに併用して使いますが、それでも倍音の豊かさがよく感じられます。

 

またゲインの幅もやはり広く本当にクリーンな音からハイゲインに近い音まで出すことができました。個人的にはオーバードライブくらいまでの音が一番おいしいかなとは思います。

内部昇圧とかよく分かってないんですがそれのおかげか音圧がかなりあります。シングルコイルでもブリッジミュートを刻むとかなりズムズムきます(笑)

 

 

自分はアンプの歪みにプラスして使っていますが、メインの歪みとしても優秀だと思います。

見た目にインパクトがあるのでそちらに目が行きがちですが、音も見た目に負けないくらい良くて使えるオーバードライブだと思います!