マイ機材その69 shin’s music / Baby Perfect Volume Standard

マイ機材その69 shin’s music / Baby Perfect Volume Standard

長年使い続けてきたボリュームペダルをついに変えました!shin’s musicのBaby Perfect Volume Standardってやつです。

baby_perfect_volume_3

今までBOSSのFV-500Hをずっと使い続けて来たんですけど、正直かなり重くて。。。^ ^; たしか1.6kgあった気がします。

重さ以外は完璧でしたね。大きいので踏みやすいですし、踏み心地も良かったです。あと最小音量を決められるミニマムボリュームは便利でした!

正直他のモデルに変える予定はなかったんですけど、いつもみたいにネットを徘徊していたところ良いボリュームペダルを見つけたので思い切って変えました!

かなり悩みましたが今のところ使い心地は良く、変えて良かったと思っています!

 

Baby Perfect Volume Standardの仕様についてなんですけど、あまり載っていませんでした^ ^;

とりあえずざっと紹介すると

  • 音の曇り、こもり、歪みを極限まで抑えた、ハイクォリティ・ミニサイズ・ヴォリュームペダル
  • 計算された心地よいボリューム変化を実現
  • 体重をかけても安定する高い剛性をもつ筐体を使用
  • 絶妙なペダルのトルク感
  • 寸法:75W×182D×51H/mm(突起物除く)
  • 重さ:660g

てな感じです。とにかく軽いですね!FV-500Hと比べると1kgも違います。

 

インプット側はこんな感じです。インプットジャック以外何もついていません。あと本体は鏡面仕様ってわけじゃないんですけど、めっちゃ指紋つきます^ ^;(笑)

baby_perfect_volume_4

 

そしてこっちがアウトプット側です。チューナーアウトもついています。

baby_perfect_volume_5

 

正面から見るとこんな感じです。見て分かると思うんですけど”紐”を使ってます(笑)

baby_perfect_volume_6

自分は全く馴染みがないんですけど、こういう仕様のペダルは普通にあるみたいですね。アーニーボールのボリュームペダルとかもたしかそうだったはずです。

ちなみにペダルを動かすとこんな感じです。紐が動いているのが良くわかりますね(笑)

 

それで使ってみた感じとしては、可変がかなり滑らかでした!急にボリュームが上がったり下がったりしないので調整しやすいです。

サイズは小さめですが、使いにくさは感じませんでした。トルクも丁度良い感じなので結構細かく調整できます。

 

音質に関してはボリュームペダルにありがちな音痩せはほぼ分かりませんでした。ボリュームを絞った時の音は多少ハイは削れますが、もこもこしているというわけではないので特に違和感はないですね。

 

こんな感じでBaby Perfect Volumeは特に悪いところはなかったです。というかとても良いです(笑) まあ操作面でデメリットを挙げるなら

ミニマムボリュームが付いていない

事くらいですかね。自分はボリュームを絞って歪みを調整していたのでミニマムボリュームが付いていないのはとても心配でしたが、意外と大丈夫でした。多少慣れは必要ですが、慣れてしまえば大丈夫だと思います。

 

shin’s music Baby Perfect Volume STD (Black)
価格:25704円(税込、送料別)

 

このサイズであればボリュームペダルとしてはトップと言っても良いと思います。そのくらいクオリティ高いです。

ちなみに自分はハイインピーダンス仕様のものを買いました。アクティブピックアップを使用している人はローインピーダンスのモデルを購入しましょう!ここを間違えてしまうと、本来の性能を発揮できなくなってしまいます。。。(インピーダンスを選択できるハイブリットモデルもあります)

ボリュームペダルを探している人はぜひ試してみてください^ ^