ES-355が欠けた。。。ので補修してみました(Freedom Custom Guitar Research タッチアップ補修材)

ES-355が欠けた。。。ので補修してみました(Freedom Custom Guitar Research タッチアップ補修材)

6月にライブに出たんですけど、その時にやってしまいました。。。

freedom_lacquer_3

分かりますかね。。。355のバインディングらへんをぶつけてしまって塗装が欠けてしまいました。

演奏中にぶつけたなら分かるんですけど、全く関係ないライブハウスの椅子にぶつけてこんなことになるという。。。最悪です-_-;

それでまあ諦めてたんですけどツイッターのフォロワーさんから直せるやつがあるというのを聞いて早速買ってみました!

freedom_lacquer_2

Freedom Custom Guitar Research(フリーダムカスタムギターリサーチ)のSP-P-15 ニトロセルロースラッカーです。

これを傷付けた箇所に薄く塗り、乾かすという作業を何回か繰り返すことによって傷を埋めていくわけです。

用途はこんな感じです。

・アコースティックギターの打痕板からの汗や湿気の進入防止
・ラッカー塗装のクラック補修
・ラッカー・ポリ塗装の打痕補修

 

とりあえず一回目でこんな感じです。うーん。。。正直よく分からないですよね(笑)

freedom_lacquer_4

関係ないところにラッカーがつかないようにマスキングとかをしたほうが良いと思います。自分は面倒だったのでやらなかったんですけどね^ ^;

あと面倒だからといって一気にたくさん塗るのは仕上がりを悪くするので気長に何回も重ね塗りしていくことをお勧めします。

 

それで重ね塗りすること3、4回でこんな感じです。これまた写真じゃよく分からないですよね(笑) でもちゃんと埋まってきているんです。

freedom_lacquer_5

これで良い感じに傷が埋まったら、最後に研磨して整えれば補修完了ってわけです。

自分の355の場合バインディングの色が元々黄色いので傷がきれいに埋まったとしても見た目はあまり変わらないですけど、バインディングが白いギターを使っている人はほとんど目立たなくなると思います。

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

Freedom C.G.R. Nitrocellulose Lacquer SP-P-15 ニトロセルロースラッカー
価格:2190円(税込、送料無料) (2016/8/20時点)

 

ちょっとした傷で自分で修理してみたいという人はこれを買ってチャレンジしてみてください。絶対にきれいに仕上げたいという人はプロにお願いしましょう(笑)