マイ機材その15 VOX V847-A

マイ機材その15 VOX V847-A

今回は普段使っているワウペダルを紹介します。

vox wah1 vox wah2

VOX V847-Aは初めて買ったワウペダルで、今もメインのエフェクターボードに組み込んでいます。

ワウペダルとは(多分皆さん知っていると思いますが。。。)ペダルを足で操作する事によって、強調する周波数帯を変更し、音色を変えることができるエフェクターです。

踏み込んだペダル位置に応じて音質が変化し、ぎらついたり、こもったように聴こえ、これを繰り返すことによって、名前の通り”ワウワウ”と鳴るわけです。

 

V847-Aの仕様に関してはこんな感じです。

  • 電源:ACアダプター(9V電池使用可)
  • 寸法・重量:102W×73H×250Dmm、1.5kg
  • 高品位バッファ搭載

ワウペダルの中ではかなりオーソドックスなモデルだと思います。ワウを既に持っている方はこのモデルを思っている方が多いかもしれませんね。そのくらいベーシックなモデルです。

このペダルを買ったときはワウペダルと言えばVOXのモデルかJIM DUNLOPのcry babyが定番だと思っていて、cry babyを友達に借りて使ったところ、結構ハイがきつかったので、このV847-Aにしました。

 

音的にはまさにワウって感じ(笑)で特にこだわりがない限り、これで十分な感じです。そしてcry babyよりもハイがきつくなかったです。

あと全体的にエフェクトのかかり方がマイルドですね。個人的にはちょうど良かったです。

 

ペダルの踏み心地とスイッチのかたさも普通で特に困ることはありませんでした。座って使う場合はちょっと強く踏まないとスイッチを切り替えられないかもしれませんが、立って使う分には全く問題ないです。

 

最後に仕様のところにも書いたのですが、このペダルは高品位バッファ搭載となっており、トゥルーバイパスではありません。なのでバイパス音が若干痩せると感じる方もいるようですね。

自分は色々なペダルを常時繋いでいるので、正直このペダルのせいで痩せているのか分かりません(笑)直アンと比較したら分かるのかもしれませんが、そこまで気にするようなものでもないと思います。

もし気になるのであれば自分で改造してトゥルーバイパス化するかバッファーをかますことをオススメします。

もしくは上位モデルのV846-HWを選ぶと良いと思います。こちらはトゥルーバイパスになっているみたいですよ。

VOX ワウペダル V846-HW ボックス

VOX ワウペダル V846-HW ボックス
価格:20,412円(税込、送料込)

 

カッティングでチャカポコ、チャカポコ弾いたり、歪み系ペダルと合わせてクワ〜ッと鳴かせることもできるのでワウを使ってやるであろう奏法は一通りできると思います。

VOX V847 Wah Pedal "V847-A"

VOX V847 Wah Pedal “V847-A”
価格:9,237円(税込、送料込)

 

とりあえずワウペダルを1個持っておきたい人や、初めてでどれを買えば良いのか分からない人にオススメです!